hero-pages2

コラム

中国輸入代行BANRI

中国(アリババ・タオパオ)の輸入代行・買い付け・仕入れならBANRI > キーワード情報一覧 > 中国輸入の転売を始める手順|稼げる商品と注意点を知って儲けよう!

中国輸入の転売を始める手順|稼げる商品と注意点を知って儲けよう!

中国輸入転売は、普通の個人でも少額の資金で手軽に始められるビジネスです。しかし、中国輸入転売ビジネスに参入しても稼げずに、諦めてしまう人も少なくありません。

稼げる人と稼げない人の違いは、中国輸入転売ビジネスの流れ・全体像を理解できているか否かにあります。また、最初に行うべき商品ジャンル選定もビジネスの成功・失敗を左右するものです。

そこで、この記事では中国輸入転売ビジネスの流れ・全体像と失敗しないための注意点、稼げる商品ジャンルについて解説します。

1.中国輸入の転売開始から商品販売・発送までの手順

中国輸入転売ビジネスを成功させるために、最初に知っておくべきことは、商品のリサーチ・仕入れから販売までの流れ・全体像です。具体的な流れ・全体像をイメージできないままでは、ビジネスを始められません。ここでは、中国輸入転売の流れ・全体像とポイントを紹介します。

①転売する商品ジャンルを決める
転売ビジネスを始めるためには、販売する商品ジャンルを絞り込むことが大切です。扱う商品ジャンルを絞り込まずに転売ビジネスを始めると、注意散漫となり、情報収集に時間や労力を無駄に使ってしまいます。転売ビジネスを始めたばかりの人は、まず1つの商品ジャンルに詳しくなることを目指しましょう。

②販売する場所を決める
注意散漫を防ぐために、商品を販売する場所も最初は1つに絞り込むことをおすすめします。転売ビジネス初心者でも売りやすい場所としては、Amazonや楽天市場などの総合通販サイト、メルカリなどのフリマアプリ、ヤフオク!などのオークションサイトなどがおすすめです。

③商品をリサーチする
販売する商品のリサーチは、販売を予定しているサイトで行いましょう。商品リサーチのポイントは実際に売れる商品を見つけ出すことです。販路となるサイトから売れている商品を探し出すことで、実際に販売を始めた時に「思っていたよりも売れない」という失敗を防げます。

④転売する商品を仕入れる
売り出す商品を決めた後で、中国のショッピングサイトを開きます。日本人が利用できる中国のショッピングサイトとしては、アリババやタオバオ、天猫モール(T-mall)などが有名です。転売したい商品を調べる時は、便利なショッピングサイトの画像検索機能を使いましょう。また、タオバオなどでは、日本向けと中国本土向けのサイトが分かれています。販売する商品や価格に違いがあるため、必ず中国本土向けサイトで商品を検索してください。

⑤転売する商品を出品
仕入れた商品が日本に届いたら、販路として決めたサイトに出品しましょう。価格設定は、原価や経費を考慮しつつ、利益が出るように行います。売りたい一心で原価や利益を考えずに、価格設定を行うと、ビジネスにはなりません。原価や利益などを考えつつ、ライバルとの価格競争を行うことが大切です。

⑥売れた商品を発送する
出品した商品に注文が入ると、商品を発送します。実は、商品の品質そのものと同じぐらい、到着までの期間や包装の丁寧さも購入者からの評価に影響を与えるため、気が抜けません。商品の包装や発送作業を手間に感じる人には、これらを代行してくれる業者がおすすめです。雑な在庫管理や包装・発送作業は購入者からの評価を下げるため、不安な人は代行業者を利用してみてはいかがでしょうか。

2.中国輸入の転売で稼げる商品ジャンル5選

中国輸入転売ビジネスで稼ぐためには、売りやすく利益を上げやすい商品ジャンルを見つけ出す必要があります。良く売れる商品ジャンルを選ぶと同時に、輸送コストなどの経費が低く抑えられるジャンルを選ぶことが大事です。ここでは、売りやすく利益を上げやすい商品ジャンルを5つ紹介します。

①スマホグッズ
スマホカバーやフィルムなど、スマホやタブレット関連グッズは、長期的な売れやすさが魅力です。スマホは1人1台以上を持つことが普通となっているため、その関連グッズには高い需要があります。しかも、次々と新製品が出てくるため、1つのジャンルで長く販売を続けることも可能です。商品1つあたりの重量も軽いため、輸送費も安く抑えられます。

②アパレル・ファッションアイテム
洋服や帽子、マフラーなどのアパレル・ファッションアイテムは、利益率が良く、需要も安定した商品ジャンルです。特にレディースは市場規模も大きく、ジャンル内カテゴリーも多くなっています。また、商品自体のサイズも軽く小さいため、輸送コストも低いです。

③大工道具
DIYで使える大工道具も売りやすい商品ジャンルです。一般の人から大工として働く職人まで幅広い需要があります。リサーチの段階で、どのような用途で使うものなのか、全く分からない商品を見つける可能性もありますが、意外な掘り出し物の場合も少なくありません。使い方が分からない商品を見つけても無視せずに、しっかりとデータを見て売れる商品か否かを見極めましょう。

④スポーツ用品
スポーツ用品は、本格的に取り組む人から家族で楽しむ人まで、利用者層が幅広い商品ジャンルです。さらに、スポーツ用品は春夏秋冬どの季節でも1年中売れるという特徴もあります。商品点数も多いため、スポーツ用品だけでも長く中国輸入転売ビジネスを続けることも可能です。

⑤生活雑貨
生活雑貨は、毎日の生活に関わるものであるため、需要の高いジャンルです。ユニークなアイデア商品は、多くの人々から注目を集められます。サイズの小さな商品が多いため、輸送コストも低いです。日々新しい商品が開発されているため、意外なヒット商品に出会うチャンスも少なくありません。

3.中国輸入の転売で失敗しないための注意点

中国輸入転売ビジネスでは、中国から商品を仕入れ、在庫を抱えて販売します。シンプルなビジネス形態ですが、中国の物流事情や物販ビジネスに慣れていない人は、予想外のトラブルに遭遇することも多いです。

ここでは、物販ビジネスや中国の物流事情に詳しくない人に向けて、中国輸入転売ビジネスで失敗しないための注意点を3つ紹介します。

3-1.中国の休日を踏まえたスケジュールを立てる

中国輸入転売ビジネスは、中国から商品を仕入れるため、日中の文化や制度の違いを意識することが大切です。特に、中国の休日制度は日本とは全く異なります。以下の代表的な中国の休日では、物流の大部分がストップしてしまうことが一般的です。

祝日 休暇期間 (年によって変動するものもあり)
元日 12月30日~1月1日
旧正月(春節) 2月4日~2月10日
清明節 4月5日~4月7日
労働節 5月1日~5月4日
端午節 6月7日~6月9日
中秋節 9月13日~9月15日
国慶節 10月1日~10月7日
祝日
休暇期間 (年によって変動するものもあり)
元日
12月30日~1月1日
旧正月(春節)
2月4日~2月10日
清明節
4月5日~4月7日
労働節
5月1日~5月4日
端午節
6月7日~6月9日
中秋節
9月13日~9月15日
国慶節
10月1日~10月7日

特に、長い日数の休日である春節や国慶節には注意が必要です。休日の前後に商品を仕入れた場合、商品の到着が大幅に遅れる可能性があります。

3-2.送料は関税・国際送料を含めて計算する

国境を越えて商品を仕入れる中国輸入転売ビジネスでは、関税や国際送料などの輸出入で発生するコストに注意する必要があります。中国のショッピングサイトで激安だと思って、関税や国際送料を考慮せずに仕入れた結果、後で利益を出せないことに気づく人も少なくありません。そのため、仕入れの段階で、関税や送料を意識することが大切です。

中国から商品を輸入する時に税関で掛かる費用は、関税・消費税・税関手数料・中国輸出通関手数料の4種類に分かれます。

関税 物品によって異なる
消費税 (商品価格+送料+関税額の)8%
税関手数料 1箱につき200円
中国輸出通関手数料 1箱につき4元(70円前後)
関税
物品によって異なる
消費税
(商品価格+送料+関税額の)8%
税関手数料
1箱につき200円
中国輸出通関手数料
1箱につき4元(70円前後)

関税は、腕時計が無税であることに対して、チーズが最大40%であるなど、物品によって税率差が大きいです。また、関税の課税対象額は、個人輸入と一般輸入(法人での輸入)で異なります。個人輸入では課税対象額は商品代期の60%です。一方、一般輸入では商品代金と送料の100%となります。

3-3.在庫保管と発送までのコストを考える

中国輸入転売ビジネスでは、仕入れた商品の在庫管理や発送手続きが必要です。倉庫代や発送に掛かるコストが経営に与える影響は無視できません。そのため、商品の仕入れ段階から在庫管理・発送コストを意識することが大切です。

また、取り扱う商品の種類と量が増えてくると、在庫管理や包装・発送の手間も小さくありません。費用は掛かりますが、在庫管理や包装・発送を代行する業者を利用することで、これらの手間を軽減できます。輸入代行業者によっては、在庫管理や包装・発送までオールインワンで行うところもあるため、個人で倉庫を借りたり、別の専門業者に依頼するよりも安く済むことも多いです。

まとめ

中国輸入転売ビジネスで上手に稼ぐためには、具体的な作業の流れ・全体像を理解し、イメージを持つことが大切です。また、中国からの仕入れに伴うトラブルやコストをしっかりと把握することも、転売ビジネスで成功するためには欠かせません。

もちろん、失敗のリスクをゼロにすることは難しいです。しかし、冷静にリスクを把握し、対処法を考えることで、失敗する可能性を限りなくゼロに近づけられます。トラブルを避けるための注意点を意識して、安全に中国輸入転売ビジネスを行いましょう。

次の記事へ

利用規定

  • 中国輸入代行BANRIが運営するサービス利用する場合は、以下の規約に同意して頂いたものとします。
  • ◇支払い方法について
  • ・銀行振込
  • ・paypal
  • ※paypal決済は別途3.6%+40円の手数料をお客様にご負担頂きます。
  • ◇検品について
  • 弊社の検品は、商品名、型番、色、数量、外観状態(目視)とします。 上記以外の検査要求がある場合は、注文時にお伝え下さい。検査内容により、別途料金は発生する場合もございます。
  • ◇返品について
  • 弊社のご提供するサービスは仕入代行サービスですので、クーリングオフ及びPL法は適用外となります。
  • ◇免責・注意事項について
  • 弊社では下記事項に対する責任を負う事はできません。
  • 弊社は法令で禁止されている商品に対しては、代行することは出来ません。 万一、関税法に適用する商品で、通関時に没収された場合、弊社は対応できませんので ご了承ください。
  • ◇保存の規定
  • お客様側の原因により、弊社倉庫に保存された商品の保存期間は30日となります。 30日を超えるの場合、商品は弊社ご処理させていただきます。
  • ◇規約の規定
  • 規約改定は弊社利用者の事前承諾なく改定できるものとし、 改訂内容は弊社のサイト上に掲載することで効力を生じるものとします。

プライバシーポリシー

  • 中国輸入代行BANRIは、お客様のプライバシーを尊重し、個人情報の取扱い及び保護に関して以下のように指針を定めております。
  • ■個人情報の利用について
  • 当店はお客様へのサービスと商品・情報提供のため個人情報を提供していただいております。
  • ご提供いただいた個人情報は、業務上の目的以外には利用致しません。利用する範囲は主に以下になります。
  • 以下に定めのない目的で個人情報を利用する場合、あらかじめご本人の同意を得た上で行ないます。
  • (1)お見積のご依頼・ご相談に対する回答及び資料送付
  • (2)ご注文いただいた商品の発送
  • (3)セミナー情報、各種商品・サービスに関する情報提供
  • ■個人情報をご提供いただく場合
  • 個人情報はメールにてお問い合わせいただく際や、お見積もり時に頂戴しております。
  • また、ご契約時やサンプル、商品、書類等の発送時にはご本人確認及び発送に必要な住所等の個人情報をご提供いただいております。
  • ■個人情報の取扱いにについて
  • 当店は取り扱う個人情報の漏洩、滅失またはき損の防止、その他の個人情報の安全管理のために必要かつ適切な措置を講じます。
  • お客様は当店の求める場合でも、当店に個人情報を提供することを拒否することが出来、この場合当店はどのようなことに対する情報なのかを説明致します。
  • ■情報の安全性を保護します
  • 当店は業務上合理的な注意を払って、個人情報を安全に管理します。
  • ■個人情報の開示・訂正等、保護について
  • ご本人から自己の個人情報についての開示の請求がある場合、速やかに開示を致します。
  • その際、ご本人であることが確認できない場合には、開示に応じません。
  • 個人情報の内容に誤りがあり、ご本人から訂正・追加・削除の請求がある場合、調査の上、速やかにこれらの請求に対応致します。
  • その際、ご本人であることが確認できない場合には、これらの請求に応じません。
  • 当店はお客様の個人情報を適切に保護し、個人情報保護法その他の法令等により認められた場合を除き、 お客様の同意なく第三者に提供、開示することはありません。
  • ただし、当店の業務にて必要な範囲において情報を開示する場合もございます。
  • 当店の業務外での開示については事前にご本人の同意を得てから開示しております。

特定商取引法に基づく表記

会社概要 株式会社BANRIは、中国本社・日本本社の2社を設置しており、千葉県に倉庫もございます。独自開発したシステムでサポートしており、自社物流「BANRI通運」という物流会社を持ち、ローコストで商品の輸出、輸入や仕入れなど全般サービスを展開しております。
所在地 〒286-0113 千葉県成田市南三里塚78‐7
お問合せ先 info@banri.biz
取引銀行 ゆうちょ銀行  
支払い方法 銀行振込 paypal
商品代金引換以外にかかる費用 為替手数料・代行手数料・中国国内送料・国際送料・輸入時に係る税金・FBA納品手数料・月額会員費用
返金、返品・交換について サービスの性質上、返品交換は基本的に受付けておりませんのでご了承の上ご利用下さい。ご希望により店舗への返品交渉が可能ですが、ほとんどの場合交換不可となりますので予めご了承下さい。